Archi-blog

トップページ > ブログ > スタッフブログ > エクステリア・エキシビジョン2013に行きました。

エクステリア・エキシビジョン2013に行きました。

2013.4.13

エクステリアのメーカーが出展する展示会に行ってきました。

 

資材メーカー、エクステリア生産メーカー、ライティング・メーカー、輸入代理店、製図ソフト開発メーカー、などなど。

エクステリアに関する会社の見本市です。

今年は、どのメーカーも新作を発表するということで、見学者数も去年を上回るにぎわいをみせたそうです。

 

㈲ヨコタが注目した商品は

エクステリアでは

タカショーの滝シリーズ。

和モダン住宅の設計を得意とする、社長がチョイス。

展示場にも取り入れると鼻息を荒くしていました。

ネバダ・シリーズ。

ブロックの上に植栽できるのがいいですね。

ウッド仕様はどのデザイン・タイプの住宅にもマッチするんじゃないでしょうか。

 

そして、タカショーから、もう一つ。

アートキャンパス。

市販の植物苗を専用のキットにはめ込んで、壁面に飾ります。

これは、自宅にもぜひ欲しい!

 

一番見学者を惹き付けていたのは、ナルディック。

アイアンの実演がその要因。

あれよあれよと言う間に形が出来て行きます。

職人さんが手作りするアイアン表札。

 

そして、子供たちに大人気だったのがこれ。

ハンギングチェア。

ミッドセンチュリー&エキゾな雰囲気。

 

ジャービスではコンサバトリーも展示していました。

みんなの憧れ、コンサバトリー。

こんな野性味あふれるアウトドア・アイテムも。

アイアン・ファイヤーポット。キャンプしたい!!

パーゴラの上にアヒル。私はこれが好き。

カエルの水盤。こんなのも庭にあると楽しい。

 

ナチュラルつながりで、オンリー・ワン倶楽部もご紹介。

ツインのウッド・チェアー。パラソルを差すことができます。

壁に貼るタイル。外でも中でもOK。

ツタの植物を這わせるためのアイアン。

そろそろ、ビオトーブもいいですね。

オンリー・ワン倶楽部の植栽はいつもセンスがいいんです。

なぜか気になる球体。

 

いくつかのメーカーの商品をセレクトして販売するギャザーも、エクステリア小物が人気です。

ポスト・カバー。馬。個人的に欲しいです。

塀や門柱に組み込みたい。馬。

 

資材では、防犯用のキシュキシュと鳴る敷石が人気を集めていたようです。

あとは、季節柄、防草対策。

私は、トコナメの和風の敷石が気になるのです。

いい感じに苔が生えるのです。

純和風のお庭も造ってみたい。

石のサンプル。ディスプレイが可愛いので、ついパチリ。

 

そして、ウッドデッキメーカーのHU丸八でいいもの見つけました!

即買いのMARUTA。

桜の木の輪切りです。

これから、アウトドアで食事がいい次期です。

テーブルセッティグに使ったり、キャンドルの台に使ったり、用途いろいろ。

センスアップしたアウトドア・ディナーになります。

なかなか、こういう商品はないんです。

これに似合うランタンやカトラリーが欲しくなります。

早く、アウトドア・ディナーの企画を立てなくちゃ!

 

こりゃなんだ?

おがくずで出来てる“おがボンボン”。

なんか、気になる。

 

 

ふぅ〜。

いつもの事ですが、商品や、ディスプレイを見ていると「あんな事もしたい、こんな風にもできるんじゃないか?!」と夢が膨らんで大変です。

楽しい夢で頭が爆発しそうになります。

 

そして、帰りの車の中、クラクラする頭でボーッと外を見ていたら、こんな風景が。

荒川沿いに建つ、レゲエさんの家。

ナイス・ヴュー!

なんて素敵な立地条件。

リバーサイドで、有明の景観が見渡せる。

人工的なエクステリアが一切なくても、川と自然の木がある。

対岸には広大な夜景。

 

こんな、リバーサイド・ハウスもいいんじゃないかと、ふと思う時もあります。

なんて。

遅ればせながら、坂口恭平氏の『0円ハウス』でも読んでみましょうか。

BACK TO TOP

Artis ARW1620JBL2

  • Q&A
  • スタッフが語る Archiブログ
  • QRコード